「べき」ではなく「したいな」を使う

スポンサードリンク

これは実行するべきだ!
こうあるべきだ!
我慢すべきだ!

以前からべき論が世の中をあふれています

本当に「べき」なのだろうか

なにか考えを放棄してやろうとしていないか
結果として、やらされ根性になっていないか
と考えたりする

そう思ったときは
したいなに変えられないか考えてみる


うまくいったら嬉しいからやってみたいな

こういう結果を導きたいから少し苦労するけど、このやり方で進めてみたいな

まずは意見を受け入れてそのあと良い関係をつくってみたいな

など

その方が前向きになりいい成果が出る気がする

べきが飛んできたらしたいなに変換して活動のインプットとする

簡単に手に入れらる技術ではないけど、べきが横行してるときは、一歩引いて考えてみよう

円満秘訣 阿吽の呼吸?

まずは首から暖める

関連記事

  1. 一人の時間があるから人に優しくできる

    同僚とじっくり仕事に向き合ったり仲間と騒いだり、語り合ったり妻とゆっくり過ごしたり…

  2. 成果物志向とプロジェクトマネジメント志向

    プロジェクトマネジメント研修の3回目は仙台仙台と名古屋は日帰り行程にしてます今回…

  3. ワンモア同期アゲイン

    今日は研修会ワンモア同期アゲインいつも家で飲むときは銀河高原ビール…

  4. 円満秘訣 妻の名刺を作る

    昨年末に妻がコーチングで独立しました自宅のプリンタで一度名刺は作ったのですが、安っぽ…

  5. 自分の興味があるものを選びトライする

    研修も15回目今日は東京です研修で伝えてることをすぐに実践すること…

  6. 多様性を受け入れる

    本日 2回目のプロジェクトマネジメント研修を実施しましたPMBOKの・コミュニケ…

  7. 人見知りしている時間がもったいない

    門屋さんは人見知りしないんですか?と何度か聞かれたことがあるそのときは「人見知り…

  8. どうなれば良しとするか決める

    やりたいこと漠然とした希望迫り来る納期、プレッシャーありたい姿・・・など…

こちらもどうぞ

Twitter

PAGE TOP