本と邦楽

  1. 天気予報の恋人

    チャゲ&飛鳥の曲に「天気予報の恋人」があります1980年代の渋かった?ころの曲彼…

  2. レベッカ 「LONDON BOY」

    たまに頭の中をレベッカの曲がぐるぐる回る時がある先日は「SUPER GIRL」だった…

  3. 「時はかげろう」 カルロストシキ&オメガトライブ

    松任谷由実作詞作曲の「時はかげろう」カルロストシキ&オメガトライブの最後のナンバーな…

  4. 氷室京介 「ROXY」

    世代的には氷室世代の少し下になる音楽を聴き始めた頃に、BOΦWYが解散になりソロにな…

  5. 鉄道地図の謎の深みにハマる

    所澤秀樹さんの著書「鉄道地図は謎だらけ」2008年の本 所澤さんのは、…

  6. WIZKIDS 「サンディ」

    たまに、というか結構懐かしい曲が頭をめぐる時があります25年以上前の愛媛出身のバンド…

  7. フリッパーズギター 「バスルームで髪を切る100の方法」

    フリッパーズギターのカメラトークというアルバム 相当聴き込みました当時は宿題をしなが…

  8. 「君と空」 Slow Air

    スローエアはヴォイスカマンベールと並んで付き合いが長いバンド2003年くらいからだか…

  9. 「今夜だけきっと」 スターダストレビュー

    スターダストレビュー息の長いバンドなので、名曲も多いです個人的には「トワイライト…

  10. 「伝わる」プレゼンテーションテクニック

    connpassの企画で【書籍の公募献本】『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテー…

  11. プロ野球と鉄道 移動との歴史を探る

    プロ野球と鉄道何という俺好みの本!ということで、早速購入 …

  12. 高野寛 「国境の旅人」

    海外旅行は3回で陸路で国境を越えたことはないのですが「国境の旅人」の歌詞が好きここは…

  13. カイゼン・ジャーニー 「越境」と「できること」から

    デブサミ2018で評判になっていたカイゼン・ジャーニーを読む アジ…

  14. 大江千里 「RAIN」

    3月の雨花粉を洗い流してくれてありがたい雨の日はこの曲大江千里さんのRAIN…

  15. ICE BOX「落日」

    1993年だと思いますがICE BOXというグループがありましたそう、コンビニとかで…

  16. いつでも会える シロとみきちゃんの物語

    「いつでも会える」1999年のボローニャ児童賞・特別賞受賞なので、20年ほど前の絵本…

さらに記事を表示する
PAGE TOP