一流の講演者には一流の観客

スポンサードリンク

講師とか人の前で話をすること機会がでてきたので感じてることなのです

話をするときには必ず相手が必要です
一方通行では意味がない
一対一の対話でも一対多の講演でも同じと思う

一流の講演者には一流の観客

講演する側でなくても常に一流の観客でいたい

講演内容や話す人のことを予習したり
参加する人たちの属性を調べたり
いろいろ準備する

講演を聞くときは丁寧に聞く

そして、フィードバックが可能ならフィードバックする
厳しい意見を言うのは得意ではありませんが、相手に良くなる余地があるなら積極的に


自分が話をするときは伝えて納得してもらい行動を変化してもらうこともそうですが、誰かに一流の観客になってもらえるような話し方を心がけています

講演者も観客も切磋琢磨です

Google Cloud Platformの基本を学ぶ

運の良さを仲間に引き継ぐ

関連記事

  1. 多様性を受け入れる

    本日 2回目のプロジェクトマネジメント研修を実施しましたPM…

  2. 円満秘訣 阿吽の呼吸?

    阿吽の呼吸とはだれかと物事をするときにかんがえや気持ち、…

  3. 立場が斜め上の先輩をたくさん作る

    仲の良い後輩には言ってることですが立場が斜め上の先輩(信用で…

  4. 居直りも必要

    お前は居直るからなあ20代前半に先輩に言われた言葉確かに…

  5. 今までと同じというイリュージョン

    システム構築の予防型PMOを生業としているのですが今まで…

  6. 「新たなるチャレンジ」 記事5選

    madowindahead.info作者の門屋浩文です。1月…

  7. 誰かが信じ続ければ大丈夫だから

    こうありたいという思いはありますか?それは実現しそうですか?…

  8. 得すると思わないと相談しない

    なんかあったら相談してくれよ!よく聞く言葉かも?もしかしたら…

PAGE TOP