2021年 redmineエバンジェリストの会 プロジェクト運営民主化への布石 #redmineeva

スポンサードリンク

この記事は Redmine Advent Calendar 2021 12/1の記事です

redmineエバンジェリストの会
2021年も引き続き活動しています
そのまとめです

地球都合問題のため
リモートでのやりとりが主体です
でも、そのおかげで関西メンバーが常に参加できたり
ちょっと参加したいというredmineマニアたちがいたりと
いい効果が出てきています

集合しての切磋琢磨は2回ですが
その際もZOOMをつなぎハイブリッドで行っています

チケラジはじめました

チケットで始めるプロジェクト運営民主化のススメラジオ
略して「チケラジ」をはじめました

いつもredmineエバンジェリストの会でやり取りしている内容を
どんどん公開していこう
ということで、開始しています

・チケット駆動をチームで回す楽しさ
・チケット管理を始める人へのアドバイス
・RedmineのWikiの使いこなし方

興味がある方はご覧ください

Backlogとの相互乗入実現

同盟関係である、Backlog関係者との協力もあり
対談が実現しました

BacklogWorldでの対談と

redmine.tokyoでの対談

対談いただいた河内さん
モデレータしていただいた、駒田さんりょーまさん
企画に動いてくれた中道さん
改めて、ありがとうございました

プロジェクト運営民主化まったなし

PMBOK7からも感じ取っているのですが
プロジェクト運営の民主化まったなし

プロジェクトマネジメントは偉い人がするもの
という概念は捨て去る必要がある
そういう時代がすぐそこにきています

でも、簡単じゃないのかも
であればどうする?

たくさんの人のやり方を見てみる
いいところ・自分にあうところを真似る
そして、自分ができてることを発信していく
それがスタート

redmineエバンジェリストの会や
各イベントでの登壇
そして、チケラジもそういう活動の一環です
必要とする時期・場面・人に伝わればいいなあ

まずはやれることから

といいつつも、大風呂敷広げると
チケット駆動は人類には早すぎた
になってしまう

さくせん「コツコツ行こうぜ」

いろんな負荷が最近多くてしんどいこもとあるけど
個人としての、小さな力でできることは休まずやっていこう
そんな気持ちでいます

何があれば、うまくいくのか
考えていこうと思うので
色んな人を巻き込みながら
切磋琢磨していきます

プロジェクトマネジメント x
チームビルディング x
Redmine

このスタンスは変えないまま行きます

2021年の活動振り返り

メンバー間の悩みを解決する
そんなスタンスで議論しました
「マネジメントをできるようになるには」を討議する
お悩み相談 見積精度を上げるには
OSI参照モデルとプロジェクトコミュニケーションをあてはめてみる
コミュニケーションの取り方から考える

勉強会関連の記事はこちらを
redmineエバンジェリストの会
redmine.tokyo

2022年にむけて

2022年はどんな年になるかね
プロジェクトマネジメントの民主化待ったナシを
あたまに入れつつ
いつもどおりアウトプットしつつ
敢えてなにかを決めないで流されてみる作戦で行きます

第21回redmine.tokyoで柔軟さと記録の大切さを改めて知る  #redmineT

さいたま新都心から大宮公園と土呂へ

関連記事

  1. redmineエバンジェリストの会をZOOMにて…

    コロナの影響で集合を控えたほうがいいのでZOOMにて実施そし…

  2. インセプションデッキを作成し意志を合わせる re…

    redmineエバンジェリストの会の勉強会何だかんだイベントがあ…

  3. 第20回redmine大阪で分析と検索の極意を知…

    年に2回行われるredmine大阪勉強会今回も遠征して参加です…

  4. 第21回Redmine大阪でみんなの苦労と工夫を…

    Redmineの勉強会はredmine.tokyoとRedmin…

  5. redmine.tokyo10周年を祝う会で歴史…

    redmine.tokyo勉強会私がお世話になっている勉強会です…

  6. 第14回redmine.tokyoでのLT&見ど…

    5/26に行われるredmine.tokyoでLTやります!5分…

  7. 第15回redmine.tokyoの見所

    2018年11月10日にredmine.tokyoが行われます…

  8. チケット駆動で3次元マネジメントを実践

    以前からマネジメントの進化について考えることがある複雑性…

PAGE TOP