第16回redmine.tokyoのみどころ&LT #redmineT

スポンサードリンク

2019年5月18日に
第16回redmine.tokyoが行われます

そのみどころについてご紹介します

メイン講演

redmine4.0が2018年12月にリリースされたものの、上げてないところも多そう
(所属している組織も3.4のまま)
なので、4.0の話もありそうです

トップバッター恒例の前田さんからは4.1の話
工場の人中村さんからは4.0.にバージョンアップするときの注意点など

楠川さん、松谷さんからは実際の設定や便利な使い方の話が聞けそうです
川端さんからはlycheeの新機能かな?

今回はLTが充実

11人の勇者たちのLTがあります
豪華!

京都からのリモート
開発者からの話
git連携
ViewCustomizeによる黒魔法
チケット自動生成
、、、などなど

一番興味があるのは yukiさんの
チケット文化定着までに気をつけたこと
redmineエバンジェリストの会としても
学べるところが多そうです

カスタムクエリーを使って状況を見やすく斬る

私のLTはredmineの機能である
カスタムクエリーを題材にします
私のよく使ってる方法と
マネジメントや情報把握における仮説と対策を話す予定です

人が2次元までしか把握できないから
エクセルおじさんが蔓延るように見える
なぜなの?

生きてる次元マイナス1の次元しか管理できないのではないか?という仮説

生きていく次元を増やすのがいいのですが
簡単ではない
だから3次元(縦横高)マイナス1の二次元管理(表での管理)に落ち着くのではないか?

縦横高に時間の概念や確率論を入れて
次元を増やせればチケット駆動もスムーズにいくのかな?


毎回、楽しみにしています
今回はまだ空き枠があるようですので
興味のある人は是非!!!

本格うどんはむら泉で(仙台市泉区)

現場で役立つシステム設計の原則を組織に適用する仮説

関連記事

  1. 成熟度にフィットしたredmineの設定を決めた…

    redmineエバンジェリストの会の打合せ今回は場所を川崎から変…

  2. Lychee Redmineの魅力とは!

    アジャイルウェアさん開催の第2回Lychee Red…

  3. プロジェクトマネジメント効率化のためのredmi…

    ひょんなことから溝の口の某所で講演する機会に恵まれました「プ…

  4. 第16回redmine.tokyo 4.0Ver…

    redmineの勉強会の最高峰であるredmine.tokyoに…

  5. 第18回redmine.tokyo勉強会の見どこ…

    2020年5月23日に第18回redmine.tokyo勉強会が開催…

  6. インセプションデッキを作成し意志を合わせる re…

    redmineエバンジェリストの会の勉強会何だかんだイベントがあ…

  7. redmine温泉を網代にて

    この記事はRedmine Advent Calendar 2…

  8. 第12回redmine.tokyo Redmin…

    redmine.tokyoの勉強会に参加&講演してきました講…

PAGE TOP