redmineエバンジェリストの会で意識合わせ 202007

スポンサードリンク

地球事情の影響で集まりをやめていました
半年ぶりに集合

今回はリモート参加もありです
川崎に5人、リモート2人


redmine大阪の復習から

フローとストック
管理者と担当者
組織で1つ プロジェクトごと利用

動線の改善

頭がいい人は扱えるパラメータの多い人

上下関係を作らない方法は?
見る角度を変える

ビューを変える 想像できる

パラメータを取り扱える量が違うと
ヘイトや不公平感が生まれ心理的安全性は
できるわけない


さくせんの見直しをしてみる

パーティ組もうぜ
パーティのレベルアップ
そして伝説へ
仲間になりたそうにこっちをみてる
できちゃった

さくせんを追加 俺がやるも入れたい

ゴールの合意
フィードバックを繰り返す必要あり
進捗確認はチケットでよい
大事なのは課題

スタンドアップミーティング
リズムが大切

できない人をどう救済するか
バッドノウハウの共有・宝
成功体験の難しさ
体験の使いどころ
苦労話が具体的じゃないと意味ない

自分の知らないことの方が
多いことを理解する

redmineに何を残すか
なぜそうしたかの理由
具体的な対策のプロセス 苦労話は不要
アウトプットとアウトカムの違い
自分を信用してない だから記録する
人間の記憶には限界がある

常に客観視する
相手の意見を鵜呑みにしない

説明欄がストック情報
コメントはフロー情報

redmineになにを残したいか
ツールのライフサイクル
ルールややり方が成熟していれは
組織に1つがいい
いろいろ試すなら分かれる

自分の限界を知る
仕事の枠を越える、仕事の底を知る
視野、視座、視界を変える 変え方を学ぶ

ハードとソフトの話


そして懇親会へ

AccountCode4で、ビジネス活動と勘定科目の同期 そして、プリトランザクション #accountcode

明石で玉子焼を

関連記事

  1. OSI参照モデルとプロジェクトコミュニケーション…

    redmineエバンジェリストの会物理開催とリモートを併用して実…

  2. 第21回redmine.tokyoで柔軟さと記録…

    2021/11/27 第21回redmine.tokyo勉強会が開催…

  3. redmine.tokyoの登壇資料レビュー会を…

    redmine.tokyo勉強会が5/23に実施されます初のリモ…

  4. 第18回redmine.tokyo勉強会の見どこ…

    2020年5月23日に第18回redmine.tokyo勉強会が開催…

  5. 第20回redmine大阪で分析と検索の極意を知…

    年に2回行われるredmine大阪勉強会今回も遠征して参加です…

  6. redmineエバンジェリストの会をZOOMにて…

    コロナの影響で集合を控えたほうがいいのでZOOMにて実施そし…

  7. Redmine.Japanみどころ / リハでR…

    Redmine.Japan 9/18に開催です当然のごと…

  8. 第17回Redmine大阪で全文検索とチューニン…

    2017年8月26日に実施されたRedmine大阪に参加しました…

PAGE TOP