成果物志向とプロジェクトマネジメント志向

スポンサードリンク

今回の研修は
コミュニケーションマネジメントを主にしていますが、
もう一つ軸があります

それが成果物志向プロセスと
マネジメントプロセスとの関連性です


いろいろな人の意見を聞いてると
どうしてもどちらかに偏った活動が多いように思える

詳しい人
成果物志向プロセス重視

全体を捉えようとする人
プロジェクトマネジメントプロセス重視

どちらも重要でバランスよく理解し
活動に組み込まないといけない


危険を承知でざっくりと切り分けすると

成果物志向プロセス
工程 作業を詳細化した上で、
いつまでに何を実施するか、完了させるか
進めていくにあたり期限があり
守れないと次に影響がある

例:設計、構築、テスト など

プロジェクトマネジメントプロセス
時期によって濃淡はあるが
定期的、断続的に全ての作業が完了するまで必要な活動

例:進捗管理、品質管理、変更管理 など

成果物志向プロセスは
独自性が強ければ強いほど
有識者がいないと立ち行かない
場合があり、
成り手を選ぶかも

プロジェクトマネジメントプロセスは
各プロジェクトを抽象化(微分)すると同じ傾向が見えてくる

うまくいってるプロジェクトは
成果物志向プロセスにプロジェクトマネジメントプロセスを
うまく取り込んでる(作業に組み込んでいる)

両方をバランスよく理解しつつ
スペシャリストと協業できるような仕組みにしたいなあ

組織や文化、マインドセットや技術力など
いろんなものが掛け合わせられるけど、
その解決の一つのツールとしてRedmineがある気がしてる


プロジェクトマネジメント研修の3回目は仙台
仙台と名古屋は日帰り行程にしてます

偶然だと思うけど仙台のメンバーは、
今回の研修に準じた話を午前中にしてたらしい

大事にしよう
そして破壊的創造にみんなで取り組もう


そして日帰り

太田記念美術館で月岡芳年

東京少年「Harmony」

関連記事

  1. 個人チケット駆動で再開コストをなくす

    チケット駆動開発あきぴーさんの考えた概念少し古い記事です…

  2. イライラするのは咀嚼する時間

    私はまあまあイライラするほうですまあまあ、かどうかは置いといて、…

  3. 制約条件を外した改善は意味をなさない

    改善活動いろんなところでやられているPDCAだったり、QC7…

  4. モノを作りながらココロを作る

    モノを作りながらココロを作る私が作るものはドキュメントのことが多…

  5. 無責任体質にする方法

    無責任体質や大企業病可能なら避けたいでも、なってしまうこ…

  6. ステークホルダーに目的を伝え理解をうながす

    第9回は東京にてステークホルダーの関与度合いをより良くしても…

  7. トレースをとって活かす

    いろいろ野望はあるのですが今までの経験でやれそうと思っているのは…

  8. 先入観を持たずに新鮮な目で

    無理を承知の上で、、、どんなことにも先入観を持たずに新鮮な目で対…

こちらもどうぞ

Twitter

最近の記事

毎日更新しています

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP