円満秘訣 ケンカしそうな内容を想定しておく

スポンサードリンク

12月19日は入籍記念日です
だからというわけでもないですが、普段心がけていることを書いてみます

夫婦間・家族間ではケンカしないのが良いのですが、一緒に生きていれば必ずいざこざは起きます
いや、起きない方が問題なので、起きる前提で考えたいもの
(どちらかが、我慢しているとか・・・)

そのためには「どういうことでケンカしそうか」を考えておくのが大切です

ちょっとしたこと、態度や考え方、生活時間帯、感覚の違い、、いろいろあります

その「ケンカしそうな要素」を考えたうえで、対応方法を準備します
・先回りしてつぶす
・小出しに対応(ためない)
・まっすぐぶつかり合う
・事前に話をしておく
など、、、


もう一つ大切なのは「何を一番大事にするか」です
その大事にすることに基づき行動できていますか?

私は「夫婦仲良くするが一番大事」なので、それに基づいて行動しますが
ケンカすると人格攻撃や、以前の関係なかった事象への非難が起きやすい
それをぐっとこらえ、一番大事なものに近づくかどうかを考えるのが大事です

場合によっては、大事なものを取り戻すために、時間をおいて考え直すのも大切


ちなみに私は
・言ってることとやってることとでつじつまが合わないこと
・自分主観で相手のことを何も考えていない一方的な非難
以外は怒らないことにしています

胃がんの手術を受けたことがあります

銀座ガス通りを歩く

関連記事

  1. 雨垂れ石を穿つを実践できる人

    雨垂れ石を穿つ小さなことを根気よく続けれ…

  2. やりたいこと と できること

    やりたいこととできること混ぜて考えると大変なことになります…

  3. 鎮魂 元気でいるかな?

    小樽の水天宮どうしてもここには来たかった前回来た時は…

  4. 好きの反対は無関心

    好きの反対は嫌いではなく無関心よく聞く話だと思う自分も非…

  5. できないことは恥ずかしいと思わない方法を編み出し…

    性格の問題で片付けたくないものがあるでき…

  6. 理想と現実のギャップは永遠になくならない

    理想と現実のギャップを埋めていくそれが人生の永遠のテーマのような…

  7. 最善を尽くせばあとはどうだっていい

    最善を尽くせばあとはどうだっていいのだけど自信がない時は…

  8. チケット駆動で3次元マネジメントを実践

    以前からマネジメントの進化について考えることがある複雑性…

PAGE TOP