コミュニケーションチャネル数の罠

スポンサードリンク

コミュニケーションチャネルとは関係者に情報を伝えるためのルートの数のこと
関係者が増えれば増えるほどコミュニケーションチャネルの数は増えます

計算式としては

n(n-1)/2

具体的に値を入れて考えてみる

n=2だと 1 口頭でいい
n=5だと 10 会議でなんとかなる?
n=10だと 45 情報の同期取れる?
n=50だと 1225 ほとんど伝わらない?

関係者が多くなる場合は、一般的な対策としては各グループごとにリーダーをたてて n を減らしてリーダー間でやり取りする

最近はそれでもうまくいかないとことがあるのでは?
変化が多く、リーダーの負荷が大きくなりすぎてる気がする

トライしたいのは、
間にリアルタイム性のあるコミュニケーションのバブになるようなシステムをいれて情報共有する

そうするとコミュニケーションチャネルは n にまで減る

ツールの候補は
・Redmineのようなチケット管理ツール
・SalesforceのようなSNS
・LINEのようなチャットツール

メールでは役不足、チャネル数は減らない

副次的効果としてフラットなコミュニケーションとなり、お互いの信頼性も上がってくる

実現してるいい例もあるはずだし、実際ある!
そのノウハウをいろんな場所で使えるようにしたい!
なおかつ、ボトムアップの方法で!


今日は大宮 5回目
同じ埼玉県だけどたまに来るレベル
(写真は行田の忍城)


氷川神社の入口はこんな感じ


志木 朝志ヶ丘浴場【廃業】

おでんはお多幸で

関連記事

  1. 個人チケット駆動で再開コストをなくす

    チケット駆動開発あきぴーさんの考えた概念少し古い記事です…

  2. イライラするのは咀嚼する時間

    私はまあまあイライラするほうですまあまあ、かどうかは置いといて、…

  3. 制約条件を外した改善は意味をなさない

    改善活動いろんなところでやられているPDCAだったり、QC7…

  4. モノを作りながらココロを作る

    モノを作りながらココロを作る私が作るものはドキュメントのことが多…

  5. 無責任体質にする方法

    無責任体質や大企業病可能なら避けたいでも、なってしまうこ…

  6. ステークホルダーに目的を伝え理解をうながす

    第9回は東京にてステークホルダーの関与度合いをより良くしても…

  7. トレースをとって活かす

    いろいろ野望はあるのですが今までの経験でやれそうと思っているのは…

  8. 先入観を持たずに新鮮な目で

    無理を承知の上で、、、どんなことにも先入観を持たずに新鮮な目で対…

こちらもどうぞ

Twitter

最近の記事

毎日更新しています

2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP