コミュニケーションチャネル数の罠

スポンサードリンク

コミュニケーションチャネルとは関係者に情報を伝えるためのルートの数のこと
関係者が増えれば増えるほどコミュニケーションチャネルの数は増えます

計算式としては

n(n-1)/2

具体的に値を入れて考えてみる

n=2だと 1 口頭でいい
n=5だと 10 会議でなんとかなる?
n=10だと 45 情報の同期取れる?
n=50だと 1225 ほとんど伝わらない?

関係者が多くなる場合は、一般的な対策としては各グループごとにリーダーをたてて n を減らしてリーダー間でやり取りする

最近はそれでもうまくいかないとことがあるのでは?
変化が多く、リーダーの負荷が大きくなりすぎてる気がする

トライしたいのは、
間にリアルタイム性のあるコミュニケーションのバブになるようなシステムをいれて情報共有する

そうするとコミュニケーションチャネルは n にまで減る

ツールの候補は
・Redmineのようなチケット管理ツール
・SalesforceのようなSNS
・LINEのようなチャットツール

メールでは役不足、チャネル数は減らない

副次的効果としてフラットなコミュニケーションとなり、お互いの信頼性も上がってくる

実現してるいい例もあるはずだし、実際ある!
そのノウハウをいろんな場所で使えるようにしたい!
なおかつ、ボトムアップの方法で!


今日は大宮 5回目
同じ埼玉県だけどたまに来るレベル
(写真は行田の忍城)


氷川神社の入口はこんな感じ


志木 朝志ヶ丘浴場【廃業】

おでんはお多幸で

関連記事

  1. 関係構築はアナログとデジタルのハイブリッドで

    人間関係を構築する、、、砕いていうと仲良くなる方法ですが直接…

  2. まずは、やり切る

    複雑な世の中だからいろいろ振り回されることも多いかもしれない…

  3. 自分のリソースを把握する

    調子のいい時、調子の悪い時ありますよね頭がクリアな時…

  4. 円満秘訣 いつもありがとう

    朝出かける時に「行ってらっしゃい」に加えて「いつもありがとうね」と言…

  5. 解決しようとしないから、たどりつくこと

    逆説的な話になりますが解決しようとしないことが、いい結果になるこ…

  6. カドが増えて円に近くなる

    病気をしたり年齢を重ねたりして 昔より優しくなってきたなと思う時…

  7. 一流の講演者には一流の観客

    講師とか人の前で話をすること機会がでてきたので感じてることなのです…

  8. 懐かしさは定期的に知ればいい

    社会人になって20年以上歳をとりますだから、いいこともた…

PAGE TOP