ノブレス・オブリージュを考える

スポンサードリンク

ノブレス・オブリージュ
フランス語で「高貴さは義務を強制する」

転じて

主に富裕層、有名人、権力者、高学歴者が「社会の模範となるように振る舞うべきだ」という社会的責任に関して用いられる。

貴族に自発的な無私の行動を促す明文化されない不文律の社会心理でもある

最近、こういうことが薄れてきてるのかなあと心配している

昔なら、出資して治水工事、道路を作ったりとか社会インフラ整備の話は残ってるけど、、、いまは、もう無いのかな?

わがままな振る舞いが多く見え、それに対してのヨイショと忖度、そして諦めから、新しいものが生まれる可能性が減っている

どうすればいい?

自分が会ったことがない人、直接関わりのない人への影響を考え、襟を正す
それがスタート

人は悪いところを最初に真似る
都合のいいところを真似る
襟を正していれば、いいところも悪いところもバランスよく真似てもらえることができるんじゃないかなと

場当たり、ごまかしは、すぐ真似されて
直接関わりのない人への悪影響が起きる

インターネットの発展により
人類皆発信者になっている

どこからが有名人、権力者になるか
わからないけど
昨今の状況に
ノブレスオブリージュをあてはめてみる

未来の自分から評価に値する今を生きる
そんな生き方がいい

この言葉を知ったのは
競走馬のノブレスオブリッジからです(笑

洋食エリーゼえいすけでビーフじゃがバター定食を

疲れてるときに話したいと思う人を大切に

関連記事

  1. 誰かが信じ続ければ大丈夫だから

    こうありたいという思いはありますか?それは実現しそうですか?…

  2. 結婚式の記憶 2009年3月21日

    2009年3月21日に結婚式を挙げているので、もう9年です結婚式…

  3. チケット駆動で3次元マネジメントを実践

    以前からマネジメントの進化について考えることがある複雑性…

  4. 「今すぐ」の依頼を無くす

    最近、疲弊していましたその中で一つ気がついたこと今すぐを…

  5. 医療費控除の計算で健康度合いを知る

    夫婦二人の生活ですが、お互いそんなに屈強なわけではないのでそれな…

  6. 感情は言葉にしてみる

    否定的な感情で心が支配されることあると思うそういう時は気…

  7. コロナの生まれたあの星で

    この話は2020年前半の状況から考えたフィクションです…

  8. 理想と現実のギャップは永遠になくならない

    理想と現実のギャップを埋めていくそれが人生の永遠のテーマのような…

PAGE TOP