ノブレス・オブリージュを考える

スポンサードリンク

ノブレス・オブリージュ
フランス語で「高貴さは義務を強制する」

転じて

主に富裕層、有名人、権力者、高学歴者が「社会の模範となるように振る舞うべきだ」という社会的責任に関して用いられる。

貴族に自発的な無私の行動を促す明文化されない不文律の社会心理でもある

最近、こういうことが薄れてきてるのかなあと心配している

昔なら、出資して治水工事、道路を作ったりとか社会インフラ整備の話は残ってるけど、、、いまは、もう無いのかな?

わがままな振る舞いが多く見え、それに対してのヨイショと忖度、そして諦めから、新しいものが生まれる可能性が減っている

どうすればいい?

自分が会ったことがない人、直接関わりのない人への影響を考え、襟を正す
それがスタート

人は悪いところを最初に真似る
都合のいいところを真似る
襟を正していれば、いいところも悪いところもバランスよく真似てもらえることができるんじゃないかなと

場当たり、ごまかしは、すぐ真似されて
直接関わりのない人への悪影響が起きる

インターネットの発展により
人類皆発信者になっている

どこからが有名人、権力者になるか
わからないけど
昨今の状況に
ノブレスオブリージュをあてはめてみる

未来の自分から評価に値する今を生きる
そんな生き方がいい

この言葉を知ったのは
競走馬のノブレスオブリッジからです(笑

洋食エリーゼえいすけでビーフじゃがバター定食を

疲れてるときに話したいと思う人を大切に

関連記事

  1. 私の思うエンゲージメントの3要素

    エンゲージメント、そしてEEエンプロイーエンゲージメント…

  2. たまには暴走してみよう

    それなりに信頼貯金がある人用の話ですが、、、理不尽を受けながら…

  3. 風景のようにブログを提供する

    この記事は ブログについて語るアドベントカレンダー Advent C…

  4. 近未来の晴耕雨読

    晴耕雨読晴れたら田畑を耕し雨が降ったら読書をするという…

  5. そこには事実と対策があるだけ

    完成したうまくいった元気だぜと終わってない…

  6. 「新たなるチャレンジ」 記事5選

    madowindahead.info作者の門屋浩文です。1月…

  7. 懐かしさは定期的に知ればいい

    社会人になって20年以上歳をとりますだから、いいこともた…

  8. 個人チケット駆動で再開コストをなくす

    チケット駆動開発あきぴーさんの考えた概念少し古い記事です…

PAGE TOP