サンタが泣いた日 角松敏生

スポンサードリンク

角松敏生のクリスマスソング
1991年の曲

毎週日曜のラジオ聴いてたなあ


メリークリスマスさよなら
僕は一人で雪も降らない街へ
消えて行くだろう
これでいいんだ 君が幸せならば

出会いと別れを繰り返すのが世の常


この曲の後くらいから音楽活動が減りましたがAORの第一人者です

歌詞カードを読む

胃がんの手術から12年

関連記事

  1. アサーションで自分も相手も大切に

    仕事では部門PMOなのでプロジェクトマネジメントやソフトウェア開発手…

  2. 心配学 「本当の確率」となぜずれる?

    災害リスク管理の専門家である島崎敢さんの著書人生に心配はつき…

  3. 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

    ネクストスタンダード齊藤正明さんの著書2009年出版生き…

  4. 平松愛理「君にしとけば良かったなんて」

    平松愛理さん 90年代のガールポップの牽引した一人です彼女の…

  5. 大江千里 「RAIN」

    3月の雨花粉を洗い流してくれてありがたい雨の日はこの曲…

  6. 加藤いづみ「ナチュラルガール」

    加藤いづみさんの曲 1991年くらいかな?ZERO、シャンプー、…

  7. 「メリークリスマスが言えない」 稲垣潤一

    そろそろクリスマスの季節ということで、稲垣潤一さんのメリーク…

  8. 「心のEvergreen」 シングライクトーキン…

    高校時代はラジオ少年で徹底的に聞いていました勉強しながら、、…

PAGE TOP