サンタが泣いた日 角松敏生

スポンサードリンク

角松敏生のクリスマスソング
1991年の曲

毎週日曜のラジオ聴いてたなあ


メリークリスマスさよなら
僕は一人で雪も降らない街へ
消えて行くだろう
これでいいんだ 君が幸せならば

出会いと別れを繰り返すのが世の常


この曲の後くらいから音楽活動が減りましたがAORの第一人者です

歌詞カードを読む

胃がんの手術から12年

関連記事

  1. 「伝わる」プレゼンテーションテクニック

    connpassの企画で【書籍の公募献本】『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテー…

  2. 心配学 「本当の確率」となぜずれる?

    災害リスク管理の専門家である島崎敢さんの著書人生に心配はつきものだけど本当にそこまで…

  3. 星空からのエレベーター 井上昌己

    東京タワーで井上昌己さんのライブが行われるということで参加展望台に登る…

  4. 20年前の計画と今を比較する

    東京計画地図という本があります1997年のものですが、、、内容としては東京都の2…

  5. 「島津奔る」石曼子の半生を読み解く

    年に一度、戦国時代歴史小説を読みたくなるその時は「島津奔る」を愛読する島津義…

  6. 井上昌己「月とクォーター」

    7月21日は井上昌己さんの誕生日となるとこの曲「月とクォーター」です月明かりがこ…

  7. 東京少年「Harmony」

    iphoneに入れてる東京少年の曲は・Harmony・何にもない日々・君のマンシ…

  8. フリッパーズギター 「バスルームで髪を切る100の方法」

    フリッパーズギターのカメラトークというアルバム 相当聴き込みました当時は宿題をしなが…

フォトマルシェ - PhotoMarche

こちらもどうぞ

Twitter

PAGE TOP