「恋するカレン」 大瀧詠一

スポンサードリンク

キャンドルを暗くして
スローな曲がかかると
君は彼の背中に手を回し踊るのを
壁で見ていたよ

年に何度か大瀧詠一さんの曲が
頭をめぐる時かあります

今回は恋するカレン
高校生の頃にもすでにナツメロだった
1981年の曲らしい

その頃は、、、7歳!
なにやってたのかなあ
記憶は曖昧

たまに頭にめぐってくる曲を大事に
したいような、そんな気分です

麺食いです 〜麺をたべたい〜

年に2回 大塚の与志万へ【2020年1月閉店】

関連記事

  1. 「フィルムの向こう側」 南野陽子

    海の中を電車が走る街に生まれ言葉や心さえもきれいきれいだけのデザ…

  2. EDENは音楽のびっくり箱

    EDENそれは、ヴォイスカマンベールとスローエアーの男性陣が…

  3. 高野寛 「やがてふる」

    この頃の高野寛さんは言葉遊びや韻を踏んでいた曲が多かった気がする…

  4. 「君と空」 Slow Air

    スローエアはヴォイスカマンベールと並んで付き合いが長いバンド…

  5. 「駅」 竹内まりや

    見覚えのあるレインコート黄昏の駅で胸が震えた駅、、、いい…

  6. 「禁断のテレパシー」 工藤静香

    急に呼び出された夜のプールバーにバブルな感じのする歌詞ですが…

  7. 「愛しさの理由」 ヴォイスカマンベール

    ヴォイスカマンベールには結婚式3部作品というのがあります友人…

  8. 陣内大蔵 54thバースデイライブ ソロナイト

    高校時代からの陣内大蔵のファンですクラブTJにいたことも努力…

PAGE TOP