「さよならポニーテール」 くま井ゆう子

スポンサードリンク

くま井ゆう子のデビューアルバム
「まばたき」の中の曲のひとつ
さよならポニーテール

曲調は明るめなんだけど
髪を切ってから失恋をふりかえった歌詞

泣きたいのにはしゃいでは
君からよく見えるように
混み合った昇降口で痛いほど笑って見せた

ストレートにアピールできない
自分がいたりして

バレンタインまでに仲良くなれるように
慌ててたの恥ずかしいな

だからあわてる
でもなかなか、、、

結構平気元気なの
こういうのを強がりと人は言うのかな

うまくいかないのを
なんとなく気が付いてても
元気に見せる
もともとの気質もあるのだろうけど

さよならポニーテール2度と結べない
水色のリボンはカバンの中

決別しよう
そう決めて相棒のリボンをそっと片付ける

ずっとありがとう
今日からは短い髪に合うように

新しい気持ちでいこうとしたタイミング

綺麗な勇気 忘れないこの気持ちを

くま井ゆう子の曲は疲れた時に聴きたくなる
CD全て持ってたのだけど
全て売ってしまったのが悔やまれる
少なくともまばたきは持っててよかったなあ
多感な頃を思い出します

さよならポニーテール(さよポニ)というグループがあり
この歌の題名からとったという噂があるのだけど
本当なのかな?
もしそうだったら引退が早かったくま井ゆう子の歴史がつながって嬉しく思う

新宿三丁目 角屋本店にて

霞ケ関から桜田門へ

関連記事

  1. 「tonight 星の降る夜に」 山下久美子

    tonight 1991年の曲この頃はいろいろ勢いがあっ…

  2. 「HEAVEN KNOWS」 浜田麻里

    ハイトーンボイスでテンション高い曲の多い浜田麻里いい曲は…

  3. 「雪が降る町」 ユニコーン

    年に1回くらい雪が積もるでも翌日にはなくなってるそんな地…

  4. 「Goodbye Day」 来生たかお

    高校時代はラジオっ子でめちゃくちゃ聞いてた大学に入っても…

  5. 「松山行フェリー」 村下孝蔵

    愛媛出身なので海といえば瀬戸内海が最初に浮かびます四国と…

  6. 「遠い星を数えて」 ZARD

    カッコいいことってカッコ悪いよ人間関係、いろいろ悩む…

  7. 「君は僕の勇気」 東野純直

    1990年代前半の男性ボーカルの一人東野純直…

  8. 「ダメージ」 バービーボーイズ

    イメージ壊されたくないダメージ受け止めたくないバービーボ…

PAGE TOP