状況を共有し連鎖破綻を防ぐ

スポンサードリンク

研修13回目は静岡

いつもと同じ電車に乗ると10時すぎに着くので研修まで場所を借りて仕事します

モバイル環境とフリーアドレスの恩恵を受けてます


仲間と一緒に作業を進める時に、たくさんのメンバーと同じ場所で進めることが多いですか?

それとも、複数のものを掛け持ちが多いですか?

どちらの場合も、役割や責任を明確にするのが大切ですが、その次に大切なのが「状況を共有すること」です

プロジェクトは生き物なので計画通りいかない場合もあります

その時に連鎖的に計画が破綻しないためにも状況をリアルタイムに近い形で共有することで問題の発生を防ぎましょう

チャットツールでもよいしRedmineやSNSでもよいし、スケジュール管理ソフトでもよい

全員が共有できる仕組みや文化を作りましょう

個々はめんどうと感じる人がいるかもしれませんが、トータルでは必ず役に立ちます


夜の静岡

シンプルな塩ラーメン「正明」

疲れたときの対処法

関連記事

  1. 現地に赴き根気よく伝える

    第14回目は横浜ここ数年は新宿に来てもらってたけど今回は久しぶりに訪問にしました研修…

  2. 医療費控除の計算で健康度合いを知る

    夫婦二人の生活ですが、お互いそんなに屈強なわけではないのでそれなりに医療費もかかります…

  3. 否定的な感情のやり取りを減らし事実に基づいて対応する

    第6回目は広島です。コミュニケーションコストみんなの意思疎通には時間がかかる…

  4. 結婚式の記憶 今日で9周年

    2009年3月21日に結婚式を挙げているので、もう9年です結婚式をあげたのは、香川の金毘…

  5. 参加者の想いに合わせて話し方を変える

    参加者を知り伝わりやすくする工夫…

  6. カドが増えて円に近くなる

    病気をしたり年齢を重ねたりして 昔より優しくなってきたなと思う時「カドがとれてマルヤです…

  7. コミュニケーションチャネル数の罠

    今日は大宮 5回目同じ埼玉県だけどたまに来るレベル(写真は行田の忍城)…

  8. 相談しやすい人になる

    研修11回目は高松話し方もずいぶんこなれて来た感じです話しやすい人を…

こちらもどうぞ

Twitter

毎日更新しています

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP