サーヴァントリーダーシップ考

スポンサードリンク

サーヴァントリーダーシップ
今、注目されているリーダーの形
一般的に言われてることと私の経験から思うところを述べてみます

サーヴァントは召使い(奉仕する人)、
支配型、命令形のリーダーシップとは異なる

大切なのは傾聴と共感
(詳細は日本サーヴァントリーダーシップ協会

PMBOKのコミュニケーションマネジメントにも同様の技術があり、1970年代からあった考え方です

いろいろ調べたところ、合う場面、合わない場面がありそうなので上げてみます


・合う場面
変化が多い
新たな価値観やコンセプトを作り出す
個々の能力が発揮しきれてなさそう

・合わない場面
やり方やルールが決まっている
変化がほとんどない
能力が充分発揮されている


今の世の中では完全に合わない場面に遭遇することはほとんどないと思われる
何かしらサーヴァントリーダーシップのエッセンスを取りいれるのが良さそう

魅力を感じてることとして

「立場ではなく能力でリーダーになれる」

可能性が高いことです

心配学 「本当の確率」となぜずれる?

羽田空港からはバスで

関連記事

  1. 仮説にトライし続ける

    予防型PMOを生業としているとトラブルを減らすことつまり、仮…

  2. 複数のことを同時にしようとしない

    マルチタスク憧れますねなんでも一気に処理できればいいなあ…

  3. 1997年4月1日 新入社員代表挨拶しました

    4月1日入社式に参加した人もいると思います新卒一括採用自…

  4. そこには事実と対策があるだけ

    完成したうまくいった元気だぜと終わってない…

  5. 大駒は近づけて受けよ

    将棋の格言で「大駒は近づけて受けよ」というのがあります飛車角…

  6. 目の前のことを淡々とこなす

    いろんなことを感じたり気にしたりする性分なので、物事の整…

  7. ものごとにかかる時間を予測する方法

    これ、どのくらいでできるのかな?いつ終わるのかな?いつ完成するの…

  8. 信頼性の醸造はコツコツと

    第16回目で最終回場所は熊本ですそう言えば熊本には仕事で…

PAGE TOP