「Tokyo calling」 渡辺美里

スポンサードリンク

地球都合問題が落ち着いてきたけど
根本解決はしていない

バランスよくやるためにみんな四苦八苦
私も例に漏れず

先日、東京都アラートがでた
そのとき思い出したのが
Tokyo calling

渡辺美里の最強アルバムとも言われる
ribbonに収録

高層ビルの影で日の当たらない台所
写りの悪いテレビに
ノイズに消されるラジオからのニュース

この曲、88年だったような
もう30年以上前

このコンクリートの下で夢はまだ
眠っているのか

今も何も変わってないような

なくしたくないものが
今のため壊されていく

いや、その時代からさらに積み上がっている
今はどうなんだ?

僕が生まれたこの街忘れはしない

なんだか切なくなる

さいたま小川町を散策する

成増 初音湯

関連記事

  1. 遠き山に日は落ちて

    遠き山に日は落ちてドボルザーク「新世界から」に日本語歌詞…

  2. 井上昌己「月とクォーター」

    7月21日は井上昌己さんの誕生日となるとこの曲「月とクォーター」…

  3. 「カケラ達のキャンパス」 東京少年

    東京少年 活動期間としては3年なので短いけどアルバム内の…

  4. 「神様のミステイク」 井上昌己

    井上昌己さんは恋の曲がほとんどなのですがその中で、切なさ度が…

  5. 「ジョンとメリーのために」 井上昌己

    ジョンとメリーたち 街中にいっぱいジョンとメリーのために…

  6. 「おやすみ よそもの」 BARBEE BOYS

    よそ者の定義なんだか難しい最初はみんなよそ者のような気も…

  7. 「雨が降る靴」 加藤いづみ

    この靴を履く日には決まって雨が降るのねit's sad rain…

  8. 大江千里 「魚になりたい」

    大江千里の曲確かred monkey and yellow fi…

PAGE TOP