平松愛理「君にしとけば良かったなんて」

スポンサードリンク

平松愛理さん 90年代のガールポップの牽引した一人です

彼女の曲で一番好きなのは
「君にしとけば良かったなんて」です

アルバム MY DEARに収録
素敵なルネッサンスの二曲目

友人(といっても想いを寄せていた人)が、失恋し旅に出るというので話を聞くために車で海まで行くというシーンの歌

君にしとけば良かったなんて

ちょっと失礼じゃない?
ちょっと許せないね
ちょっと気分いいね

私は浮かぶ島のままで高い波ここへ泳ぎ着くあなたを待ってる


25周年コンサートに行ったことがあります

聞いてた頃(高校時代)のことをいろいろ思い出したり
かなり聞き込んだから歌詞がすぐ出てきます

マイセレナーデと部屋とワイシャツと私がほぼ同タイミングにヒットして、歌詞の種類全然違うしと思ったりした

歌詞はこちら

おでんはお多幸で

否定的な感情のやり取りを減らし事実に基づいて対応する

関連記事

  1. 「君は僕の勇気」 東野純直

    1990年代前半の男性ボーカルの一人東野純直…

  2. 「トーキョー迷子」 中島みゆき

    私は地図と太陽があれば迷わないので迷子になることは少ない…

  3. 「さよなら夏の日」 山下達郎

    さよなら夏の日1991年の曲ってもうそんなに経つのね…

  4. 「泣いたままでlisten to me」 バービ…

    定期的に聴きたくなるバービーボーイズ今回は泣いたままでl…

  5. 「年上の彼氏によろしく」大江千里

    突然、懐かしの歌が頭の中をめぐることありませんか?私は結…

  6. 「Everlasting Love」 麗美

    1990年代前半はファンハウス所属のアーチストの曲を聴くこと…

  7. 陣内大蔵 「深呼吸」

    高校時代に3つのミュージシャンのファンクラブに入っていました…

  8. 「一時間遅れの僕の天使」 楠瀬誠志郎

    楠瀬誠志郎のクリスマスソング一時間遅れの僕の天使「ほっとけな…

PAGE TOP