「さよなら夏の日」 山下達郎

スポンサードリンク

さよなら夏の日
1991年の曲

ってもうそんなに経つのね

季節が来ると思い出す曲が
たくさんありますが、そのうちの1つ

さよなら夏の日
いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら
僕らは大人になって行くよ

少しずつ涼しくなっていくけど
また夏が来て、秋になればきっとこの曲を

君を愛してる
世界中の誰よりも
言葉じゃ言えない
もどかしさ伝えたいよ
今も

努力の結果は他に現れることもある

中野新橋 清春湯

関連記事

  1. 歌詞カードを読む

    最近の音楽は、配信だったりするので、データやサービス提供なので、歌詞…

  2. 「伝わる」プレゼンテーションテクニック

    connpassの企画で【書籍の公募献本】『Keynoteで魅せ…

  3. 「松山行フェリー」 村下孝蔵

    愛媛出身なので海といえば瀬戸内海が最初に浮かびます四国と…

  4. ヴォイスカマンベール 「HERO」

    真実はいつもそうさ、激しく曖昧で誰かのこと救う為だなんて…

  5. 20年前の計画と今を比較する

    東京計画地図という本があります1997年のものですが、、、…

  6. 「今夜だけきっと」 スターダストレビュー

    スターダストレビュー息の長いバンドなので、名曲も多いです…

  7. 真冬のMR.サマータイム

    90周年記念行事の縁で会社の納会には毎年「サーカス」が来てくれま…

  8. 「駅」 竹内まりや

    見覚えのあるレインコート黄昏の駅で胸が震えた駅、、、いい…

PAGE TOP