生き残ること 飛び降りるか仕事にいくかの選択

スポンサードリンク

もう、昔のこと
胃がんになる前だから
2003年くらいかなあ
独身時代です

ここから飛び降りる(死ぬ)か
仕事に行くかを毎朝比較し
仕事を行くを選んでた時期がありました

あの頃は辛かったなあ
本当にこれでいいの?と思うものを
やり続けながら
仮説が間違ってないかの不安と
その仮説に間に合うかどうかの不安の
ダブルパンチをくらいながらやってた

納期に追われてしまう
結果が見えない(見えるまで時間がかかる)
余裕がなくなる
疲弊、麻痺しておかしくなる

そうなってました
疲れててもそれなりにできてしまうのが
逆効果だった

そのあと、病気になり
生き方と考え方をかなり変えたので
前述のような考え方になることは
かなりなくなったし

生きてればいいか
と開き直ることができてきてるのが今

体のことを考えると

頭が勝手に言ってるだけ
他の臓器は生きようとしてるので
多数決で生きることを選ぶのがよい

心臓とか、重要な臓器だと
多数決できないからね

即決せず
休みも入れながら考えよう

覚えている父の言葉
疲れたら休めばいい
その通りなのです


参考情報
心理的危機対応プランというものがあります

余裕があるときに
プランを準備しておくことが大事
書き出しておくの大事
生きる価値やコーピングレパートリーを


「見つめていたい」 川村かおり

スパゲティキッチンオットーでカルボナーラ

関連記事

  1. ベースラインを定期的に確認する

    ベースライン基本線のこと人生でいうと普通にやったら普…

  2. 開き直り力が欲しい

    開き直り力が欲しいと思うことがあります側から見たら居直ってると感…

  3. そこには事実と対策があるだけ

    完成したうまくいった元気だぜと終わってない…

  4. カドが増えて円に近くなる

    病気をしたり年齢を重ねたりして昔より優しくなってきたなと思う時…

  5. 参加者の想いに合わせて話し方を変える

    参加者を知り伝わりやすくする工夫…

  6. 継続は力 努力は天才なり

    継続は力 努力は天才なり小学校時代に行ってた塾に書かれてた言…

  7. テレワークの極意 家から家に出社する

    テレワーク、やってますか?私もやってます所属する組織に、制度…

  8. 懐かしさは定期的に知ればいい

    社会人になって20年以上歳をとりますだから、いいこともた…

PAGE TOP