教養としてコンピュータサイエンスを学ぶ

スポンサードリンク

コンピュータサイエンス
ピンとこないかも?
でも、コンピュータに囲まれて暮らしてる
だったらそれを身近にしたほうがいい
目をつぶらないで知ってた方がいい

そして、手に取ったのがこの本
教養としてのコンピュータサイエンス講義

ブリストン大学の講義をまとめたもの
2015年の内容かな

仕事上、知ってることも多く
情報処理も、
二種と応用情報(取得時の名称)
そして、PMPも持っているので
個人的には知識のブラッシュアップとして
読みました


ハードウェアとソフトウェアと
コミュニケーションを軸に内容が展開

コンピュータの仕組み 0と1の世界
プログラミング 今はJSからなのね
コミュニケーション 仕組み
インターネット これも仕組み
セキュリティ どんどん複雑になる

コンピュータは
ノイマン型からずっと変わっていない
つまり基本は変わらず
表現が変化してきている
それを踏まえた上でどうするか

知らないと危険がある
それが理解できる

便利と危険はセットでどういう影響があるか

などなど書かれています
(詳細は読んでください)


これを読んで
研究と実学
実学と勉強
勉強と生活を繋ぐのが大事だなあと

勉強と生活とをかけ離れたように
してしまった社会システムは
もうすぐ破綻するような
別のことも考えてしまうけど、、、

知識欲には限りなし
自分が使ってるもので
興味があるものはなんでも学ぼう!

「フィルムの向こう側」 南野陽子

empowermentと協調達成が感謝される時代へ

関連記事

  1. ノーサイド・ゲーム

    私はラグビー経験者ではないのですがノーサイドゲーム、楽しく観てい…

  2. みずほ銀行の苦闘の19年を知りこれからを夢想する…

    「みずほ銀行なんて絶対使わない!」と2002年の俺は叫んだそ…

  3. 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

    ネクストスタンダード齊藤正明さんの著書2009年出版生き…

  4. 20年前の計画と今を比較する

    東京計画地図という本があります1997年のものですが、、、…

  5. 理想のチームの作り方

    理想のチームの作り方redmine関連で知り合った yuki47…

  6. できたことノートで「今日もよくできた 明日もよく…

    この記事はおすすめ本 Advent Calendar 2020の12…

  7. プロ野球と鉄道 移動との歴史を探る

    プロ野球と鉄道何という俺好みの本!ということで、早速購入…

  8. カイゼン・ジャーニー 「越境」と「できること」か…

    デブサミ2018で評判になっていたカイゼン・ジャーニーを読む…

PAGE TOP