くま井ゆう子 「まばたき」

スポンサードリンク

東京で初めて買ったCDは
くま井ゆう子のまばたきだった

東工大の入試(落ちたけど)のあとに
渋谷で買ったはず
30年前だ

そして4月から大学で上京
環境が激変したとき
高校時代はCD買うと
歌詞を暗記するくらいまで聞いてた
その癖が続いてたのはこのCDまでだった

そして時は流れ
CDを整理する時にブックオフに売ってしまった 
アルバム全て持ってたけどもう聞かないかなと

でも、そうじゃなかった

話はかわりますが
くま井ゆう子のプロデュースは大村雅朗
このころの編曲といえば
清水信之と有賀啓雄、そして大村雅朗の時代

後でわかったのだけど
新人をプロデュースするくらい期待されてたのだろう
20世紀最後の歌姫とのふれこみだったし

実際そのくらい実力あった
女性版槇原敬之とも言われたからな

でもなぜ短期間で活動終了になったか、、、
汎用型打込みミュージックの波に
呑まれたのだろうな
本当に残念

歳をとると嗜好がかわって
なんとも思わないこともあるけど
今でも色褪せない そんなアルバム
曲と一緒に思い出もちゃんと残っていた
買い直してよかった

そんな思い出の品ありますか?
あるなら大事にしよう

1曲目の「パーティ」より

急に部活辞めて髪を伸ばし始めた君
悲しいほど予測できる出来事

友人との別れの曲を最初に選んだ理由はなんだったんだろう?

「がんばる」だけで誤魔化さない

自分の許容範囲以上ものとぶつかったとき

関連記事

  1. 陣内大蔵 「FIRST SNOW」

    関東地方は大雪です年に1度はあるかなそういうときはこ…

  2. 「スタートライン」 海援隊

    別に金八先生が好きなわけではないのだけどスタートラインは…

  3. 「夢をあきらめないで」 岡村孝子

    ファンの人には怒られるのだけどどれを聞いても同じ曲に聞こ…

  4. EDENは音楽のびっくり箱

    EDENそれは、ヴォイスカマンベールとスローエアーの男性陣が…

  5. 「Everlasting Love」 麗美

    1990年代前半はファンハウス所属のアーチストの曲を聴くこと…

  6. 「雨のリグレット」 稲垣潤一

    高校時代に稲垣潤一のTRANSITというベストアルバムを…

  7. 「最後のstation」 山口岩男

    最後のstation確か森永ハイソフトのCMの曲初めてこ…

  8. 「ときどき雲と話をしよう」 KAN

    相当がんばりすぎたね少し休もう丘に座り雲と話をしよう…

PAGE TOP