予防型PMOについてChatGPTに聞いてみる

スポンサードリンク

私は予防型PMOやってます
ただ、予防型PMOは造語

PMOとして定義されてるのは
プロジェクトに入ってからのものだけど
提案時点のリスクから見てるから
予防型としてる

ChatGPTは壁打ちにいいよと
友人から聞いたので試してみた

結果がこれ


1.問題の発生を未然に防ぐことができる。

2.リスクを最小限に抑えるため、予防策が常に実施されている。

3.全体的なプロジェクトの効率性が向上し、時間とコストが節約される。

4.メンバーがより自信を持って作業に取り組むことができ、プロジェクト全体の品質が向上する。

5.プロジェクト目標に向けた進捗状況を常に把握できるため、リアルタイムで問題を解決できる。

6.ステークホルダーに対して、信頼性や透明性が高くなり、プロジェクトに対する評価が向上する。


予防型PMOって、造語なのにちゃんと出てきた!

あらかた出来てはいるが
強化や精度を上げる必要のあることばかり

自信をもって取り組む
プロジェクト目標に向けた
信頼性と透明性

まずはこのあたりかな
定期的に現状と比較してみよう


使ってるChatGPTはこれ

「雨のリグレット」 稲垣潤一

やりきって疲れるのはしょうがない

関連記事

  1. 疲れたときの対処法

    疲れていてもやるべきことがある時について私の方法ですが、ご紹介し…

  2. システムレビュー考 レビューは応援

    計画書、設計書や仕様書、結果など、レビューすることがありますが、大切…

  3. 作業で終わるかノウハウになるか

    物事を進めるにはいろんな作業がある日々やってると思う…

  4. 都合よく物事を考えてしまうことの対策

    物事を都合よく考えてしまい失敗したことありませんか?…

  5. 正解のない課題に立ち向かってることの方が多い

    なんだか手応えがない答えがわからないうまくいってるのだろ…

  6. 顔を洗いまくると風邪知らず?

    運良く、インフルエンザにはかかったことがないのですがなぜ…

  7. 円満秘訣 睡眠時間を確保する

    眠くなるとケンカっ早くなる!ありませんか?私はあります…

  8. 2019年 一文字は「顕」

    2019年になりました元号がどうのという話もありますが200…

PAGE TOP