梅雨のもつ鍋と先輩の矜持 池袋にて

スポンサードリンク

梅雨時期は暑かったり寒かったり
行ったり来たり

寒い日は鍋でいいか
ということで
もつ鍋を池袋で食べる

なかなかナイス

今回は仲のいい後輩たちと食べる
いいもんだなあ

モツを食べろ!

チャンポンを締めに

自分が若かった頃にやってもらってたことを
後輩にもする

それは多めに払うこと
それが大したことないけど
矜持なのかもなあ


もつ鍋はらへったにて
元店長が愛媛出身の人らしい
隣の客も愛媛出身だった

東京都豊島区南池袋1-21-4


「夢をあきらめないで」 岡村孝子

巣鴨の砂田で白河ラーメン

関連記事

  1. ことりで鍋焼きうどん

    松山にある老舗うどん屋のことり…

  2. 飯田橋のKIMURAYAでクリームニョッキを

    飯田橋駅から内堀の中に入りサクラテラスの前にあるBARCAF…

  3. アトラエバーに潜入せり

    麻布十番にあるアトラエ…

  4. 板挟みになるから仕事がある

    板挟みめんどくさいなあって思うきっと好きな人はいないんじ…

  5. フェルトセンスってなあに?

    妻がフォーカシングを長年やっており、いろいろ教えてもらったことを記事化し…

  6. 神楽坂 龍朋でチャーハン

    神楽坂駅近くにある龍朋伝統の中華料理屋大学時代の…

  7. 決断は自信がなくてもいい

    何かを決める決断するそういう場面、ありますよね人によって…

  8. 夢と現実 両方語れ

    現実に即した対応論とこうありたい野望や夢どっちかに偏った…

PAGE TOP