「恋しさとせつなさと心強さと」 篠原涼子

スポンサードリンク

1990年代中盤は
ビーイングアーチストと小室系だらけだった
そのあたりから邦楽聞く量が減った

恋しさとせつなさと心強さとは小室系

いとしさとせつなさと心強さと
いつも感じている
あなたへと向かって

力強いボーカルをたまに思い出す

涙は見せないで信じていたいよ

この頃の篠原は篠原ともえ(シノラー)がいて
涼子は広末涼子がいた
篠原涼子もちゃんと活躍してたけど

1995年頃の話です
時は流れるなあ

雨垂れ石を穿つを実践できる人

地政学をやさしく理解する

関連記事

  1. 「たどりついたらいつも雨ふり」 加藤いづみ

    たどりついたらいつも雨ふり元々は吉田拓郎の曲今回、加藤い…

  2. 「GROLIA」 ZEGGY

    日本の古き良きロックンロールを広めた世代のバンドになるの…

  3. 有賀啓雄「スタジアムのアンジェリーケ」

    有賀啓雄のumbrellaに入ってる曲。1992年発売このア…

  4. 「ロング・バージョン」 稲垣潤一

    稲垣潤一の曲もちょいちょい頭の中を巡ってくるのだけどだい…

  5. 「セシル」 浅香唯

    浅香唯 古き良きアイドルですね彼女の曲で最初におもいだす…

  6. 「夏祭り」 ジッタリンジン

    君がいた夏は遠い夢の中神宮球場でスワローズがチャンスになると…

  7. 「孤独の肖像」 中島みゆき

    孤独ですか?孤独に思うことはありますかきっとあることだと…

  8. 工藤静香 「la se n」

    1989年の工藤静香のカレリア絶賛されるアルバム当時は弟…

PAGE TOP