いつでも会える シロとみきちゃんの物語

スポンサードリンク

「いつでも会える」

1999年のボローニャ児童賞・特別賞受賞なので、20年ほど前の絵本です

登場人物は、犬のシロと女の子のみきちゃん

いつも仲良し
でも、、、(ネタばれなのでやめときます)
会えなくなる
目を閉じるといつも仲良し

という、ウルっときてしまう内容

結婚前に妻が持っていて初めて読んだときは「えっ!そっちなの」と意表をつかれた展開に愕然としましたが、毎回愕然とさせられる

絵本の内容は賛否両論あるのかも知りれない
流産を経験し子供のいない夫婦だから重なる想いがある

だから定期的に読みたくなる

フードコート最高のラーメンを新座イオンで

相手を応援すると自分に返ってくる

関連記事

  1. 「恋は大騒ぎ」 小田和正

    東京ラブストーリーが再放送されてたらしい結局見なかったけど…

  2. Slow air 解散

    10/14 Slow air 解散私の中のインディーズのトップ2…

  3. 鈴木彩子「一度だけの昨日」

    一度だけの昨日 一度だけの明日 みんながいつも振り向く最後の夏休み…

  4. プロ野球と鉄道 移動との歴史を探る

    プロ野球と鉄道何という俺好みの本!ということで、早速購入…

  5. 「ずっと待っててね」 くま井ゆう子

    くま井ゆう子さんのデビュー曲1993年かな?この年に…

  6. ZARD「風が通り抜ける街へ」

    思いっきり抱きしめてね 風が通り抜ける街へZARDの名曲の一つ どんな街…

  7. めずらしい人生

    KANは「愛は勝つ」で有名ですが俺が好きな曲はこの「めずらしい人生」…

  8. 20年前の計画と今を比較する

    東京計画地図という本があります1997年のものですが、、、…

PAGE TOP