高野寛 「やがてふる」

スポンサードリンク

この頃の高野寛さんは言葉遊びや韻を踏んでいた曲が多かった気がする

「やがてふる」や「ION」など
国境の旅人」もそうか

自然にしたい
自然といたい

韻を踏む歌詞は印象にのこる

自然をみたい
自然といたい

この感覚がつまらないダジャレを連発する理由かもしれないが

自然でいたい
自然はいたい

自然体でいよう


歌詞はこちら


カジュアルに

絵を飾る

関連記事

  1. close to home

    クロース・トゥ・ホーム大航海時代Ⅱのエンディングの曲四半世紀…

  2. フリッパーズギター 「バスルームで髪を切る100…

    フリッパーズギターのカメラトークというアルバム 相当聴き込みました…

  3. 「おやすみ」 陣内大蔵

    疲れたのかい君もそろそろおやすみ生き物は…

  4. 「少女時代」 原由子

    YAWARAの曲に使われた曲ミラクルガールやスタンドバイ…

  5. Slow air 解散

    10/14 Slow air 解散私の中のインディーズのトップ2…

  6. 「塩屋」 大江千里

    大江千里の初期の頃の名曲に塩屋があります高校の頃に聞いた…

  7. 「セシル」 浅香唯

    浅香唯 古き良きアイドルですね彼女の曲で最初におもいだす…

  8. ZARD 「永遠」

    先日のカラオケで(おっさんなのに)歌ったので思い出も含めて朱…

PAGE TOP