十年磨一剣

スポンサードリンク

十年磨一剣
小学校卒業時に校長先生からもらった色紙に書かれていた言葉

意味は

長い間、研鑽を積み、力を発揮する時を待つこと

結果的にだけど、自分にぴったりな言葉なような気がする

研ぐ時間が大切なのも知っているし
時間のかかることの大切さを知っている
でも、結果が出ないとイライラするわがままなところもあったり

定期的に思い出さないとね


ところで磨いてる剣はなんなのだろうか?

シミター?
はがねのつるぎ?
フレイムソード?
エクスカリバー?
それとも村正?

剣の種類が結果になる
剣に相応しい自分も必要だな

写真は剣ではなく、錨ですが気にしないでください

條辺で朝うどんを味わう

カープ 3連勝で日本シリーズへ

関連記事

  1. 柔軟性が下がると咳込む

    風邪でもないのに咳込むことありませんか?個人的な例で…

  2. 仲間を大切にする方法

    気がついたら横浜にいました都橋かな?かんぱー…

  3. 運の良さを仲間に引き継ぐ

    運がいいですか?友人で運について研究してる人がいますが俺…

  4. 笑顔でいる極意

    しんどい時もあるけど可能な限り笑顔でいたいと思ってますそ…

  5. 風邪と働き方

    半年に一度くらい風邪をひきます一人でゆっくりした時間を取れて…

  6. 自分の興味があるものを選びトライする

    研修も15回目今日は東京です研修で伝えてることを…

  7. 無責任体質にする方法

    無責任体質や大企業病可能なら避けたいでも、なってしまうこ…

  8. まずは、やり切る

    複雑な世の中だからいろいろ振り回されることも多いかもしれない…

PAGE TOP