ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

スポンサードリンク

ネガティブ・ケイパビリティ
答えの出ない事態に耐える力

精神科医である帚木蓬生さんの本に
書かれています

日々、もくもくと、答えの出ない、時間がかかることにトライしてるよなあ
しんどいなあと思うことも多々あるので心の整理も兼ねて読みました

ネガティブ・ケイパビリティとは
1700年代のイギリス人であるキーツが
弟へ宛てた手紙で一度だけ使った言葉なのですが、
時を経て注目された考えかたです


真の才能は個性を持たないで存在し
性急な到達を求めず
不確実さと懐疑とともに存在する


ネガティブ・ケイパビリティの反対語は、ポジティブ・ケイパビリティ

昨今、もてはやされているスピードや成果の出し方かも知れません

でも、それは表層だけの問題解決にしかならないかも

人は誰しも解決したい、なんとかしたいという思いを持っているそうです
でも、それに潰されることも
変えられないものや矛盾もあるから

だからこそ、耐えうる力も必要
解決不能なものを尊び注視し興味を持って味わう

ネガティブ・ケイパビリティ
共感
寛容
寄り添う

そういった、しなやかさを手に入れたい
ネガティブなほうが、いいことも多い

新宿三丁目 Nokishitaでスパゲッティ

ボウコバ流 心理的安全性

関連記事

  1. ワンモア同期アゲイン

    今日は研修会ワンモア同期アゲインいつも家で飲むときは銀河…

  2. 開き直り力が欲しい

    開き直り力が欲しいと思うことがあります側から見たら居直ってると感…

  3. 「なにもしない」を選択肢にいれておく

    興味があることが多すぎたり、やれることが多すぎてスケジュールを目一杯…

  4. 自分のことだけ考えると相手のことも考えてる

    自分のことだけ考えると相手のことも考えてる一見、矛盾した…

  5. 挨拶の意義

    さまざまな働き方がはじまり直接顔を合わせないでも物事が進む昨…

  6. 眠る極意は暖色系の電灯

    健康の秘訣は?と聞かれたら早く寝ることと答えますそう…

  7. 円満秘訣 今日もよくできた明日もよくなる

    日の終わりと日の始まりが大事だと思いますが日の終わり寝る…

  8. 本能寺の変 外様のプレッシャーを想像する

    織田信長の配下武将で誰が好きですか?やはり、羽柴秀吉かな前田…

PAGE TOP