ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

スポンサードリンク

ネガティブ・ケイパビリティ
答えの出ない事態に耐える力

精神科医である帚木蓬生さんの本に
書かれています

日々、もくもくと、答えの出ない、時間がかかることにトライしてるよなあ
しんどいなあと思うことも多々あるので心の整理も兼ねて読みました

ネガティブ・ケイパビリティとは
1700年代のイギリス人であるキーツが
弟へ宛てた手紙で一度だけ使った言葉なのですが、
時を経て注目された考えかたです


真の才能は個性を持たないで存在し
性急な到達を求めず
不確実さと懐疑とともに存在する


ネガティブ・ケイパビリティの反対語は、ポジティブ・ケイパビリティ

昨今、もてはやされているスピードや成果の出し方かも知れません

でも、それは表層だけの問題解決にしかならないかも

人は誰しも解決したい、なんとかしたいという思いを持っているそうです
でも、それに潰されることも
変えられないものや矛盾もあるから

だからこそ、耐えうる力も必要
解決不能なものを尊び注視し興味を持って味わう

ネガティブ・ケイパビリティ
共感
寛容
寄り添う

そういった、しなやかさを手に入れたい
ネガティブなほうが、いいことも多い

新宿三丁目 Nokishitaでスパゲッティ

ボウコバ流 心理的安全性

関連記事

  1. 相談しやすい人になる

    話しやすい人を増やして問題の発生を未然に防ぐ言うのは簡単だけ…

  2. 物事には順番がある

    当たり前のことなのだけど気をつけないと蔑ろにされること…

  3. うつヌケで鬱を知る

    鬱病 社会問題になるくらい現代病かもしれませんが知人に何人も…

  4. 「今すぐ」の依頼を無くす

    最近、疲弊していましたその中で一つ気がついたこと今すぐを…

  5. 時間を置いて大人になって対応する

    カチンとくることありますよねたくさんあります今までの…

  6. 大切にしたいことはなんですか?

    大切にしたいことはなんですか?人生において大切にしたいこと…

  7. 不具合を出すのが罪なら生きているのも罪

    迷惑かけるなよ不具合だすなよ上から目線で言われてるかも…

  8. まずは、やり切る

    複雑な世の中だからいろいろ振り回されることも多いかもしれない…

PAGE TOP