ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

スポンサードリンク

ネガティブ・ケイパビリティ
答えの出ない事態に耐える力

精神科医である帚木蓬生さんの本に
書かれています

日々、もくもくと、答えの出ない、時間がかかることにトライしてるよなあ
しんどいなあと思うことも多々あるので心の整理も兼ねて読みました

ネガティブ・ケイパビリティとは
1700年代のイギリス人であるキーツが
弟へ宛てた手紙で一度だけ使った言葉なのですが、
時を経て注目された考えかたです


真の才能は個性を持たないで存在し
性急な到達を求めず
不確実さと懐疑とともに存在する


ネガティブ・ケイパビリティの反対語は、ポジティブ・ケイパビリティ

昨今、もてはやされているスピードや成果の出し方かも知れません

でも、それは表層だけの問題解決にしかならないかも

人は誰しも解決したい、なんとかしたいという思いを持っているそうです
でも、それに潰されることも
変えられないものや矛盾もあるから

だからこそ、耐えうる力も必要
解決不能なものを尊び注視し興味を持って味わう

ネガティブ・ケイパビリティ
共感
寛容
寄り添う

そういった、しなやかさを手に入れたい
ネガティブなほうが、いいことも多い

新宿三丁目 Nokishitaでスパゲッティ

ボウコバ流 心理的安全性

関連記事

  1. 否定的な感情のやり取りを減らし事実に基づいて対応…

    第6回目は広島です。コミュニケーションコストみんなの意思…

  2. プロ野球と鉄道 移動との歴史を探る

    プロ野球と鉄道何という俺好みの本!ということで、早速購入…

  3. 円満秘訣 今日もよくできた明日もよくなる

    日の終わりと日の始まりが大事だと思いますが日の終わり寝る…

  4. 費用0実現≠生産性向上

    働き方改革働くこと改革いろいろ叫ばれてますがどうですか?…

  5. 円満秘訣 阿吽の呼吸?

    阿吽の呼吸とはだれかと物事をするときにかんがえや気持ち、…

  6. 現場で役立つシステム設計の原則を組織に適用する仮…

    現場で役立つシステム設計の原則増田亨さんの本変更を楽で安全に…

  7. 対抗しすぎず 卑屈になりすぎず

    世の中にはいい事例があふれています失敗事例よりもたくさん…

  8. ノーサイド・ゲーム

    私はラグビー経験者ではないのですがノーサイドゲーム、楽しく観てい…

PAGE TOP