ファスト風土から今は何になったのだろう?

スポンサードリンク

ファスト風土化する日本 
三浦展さんの本 2004年なので平成の大合併の前 
ずいぶん前になる

三浦展さんは下流社会の本を出しています 
その方が有名かな

ファスト風土とは
ファストフードに引っ掛けた造語
ロードサイド店がどこに行っても同じという
個性がなくなってきたころの話

物事が短時間で繋がるようになれば
強者や変化に富んだものが最初は勝ってしまう

大航海時代も大戦も高速道路も
インターネットも、そしてこれからも

繋がると多様化され便利さも出るけど
悪い面(犯罪など)も現れてくる

繋がるスピードが早くなると
今まで作られてきた良さが壊されてしまう
その警鐘を鳴らしている本

この本から20年近く経ち、
今はどうなのだろうか?
何が当たり前で大事なものなのかを
考えてしまう

大規模ショッピングセンターが
当たり前の人たちが大人になったら
それはそれもありなのかな?
という気もするし、
個人商店のようないいものが壊されてしまい
地方の衰退が続いてることが問題
ということも言える

加えて、今は繋がりすぎて
トップ(いい意味でのお山の大将)を
経験しづらくなった世の中

このあたりは主観の問題の気がする 
ただ右に倣えである必要もなくなったり 
異質を認めるような世の中になっていくには
いい方向に進んでる気がするけど
トータルでみたらどうなのかな?

この本は5年に1回くらい
復習のために読んでみたい本です
仮説の検証って
今と当時の予想を比較するしかないから
次に読むときはどんな世の中になってるのか?

読むたびに煽られつつも
「丁寧に生きてみよう」と思わせてくれる本です

自分しかできないことを見つけるには自問自答

「million kiss」 大江千里

関連記事

  1. 広島カープ最強のベストナイン

    2016年 二宮清純さんの著書先日、ベストナインの投票しましたが…

  2. 科学的な適職で仕事の幸福度を上げる

    転職経験もなく、転職する気もないのですが今のやってることが天職な…

  3. ノーサイド・ゲーム

    私はラグビー経験者ではないのですがノーサイドゲーム、楽しく観てい…

  4. ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐…

    ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力精神…

  5. 世界史の極意で争いの可能性を減らすヒントを得る

    歴史の本、結構好きで読む方です最近は史実で明治以降の本を…

  6. 現場で役立つシステム設計の原則を組織に適用する仮…

    現場で役立つシステム設計の原則増田亨さんの本変更を楽で安全に…

  7. 会社の品格からthe team へ

    友人が、麻野さん著の本theteamの交換を募集していました…

  8. 本能寺の変 外様のプレッシャーを想像する

    織田信長の配下武将で誰が好きですか?やはり、羽柴秀吉かな前田…

PAGE TOP