質問から匠Methodを深掘りしよう #takumimethodug

スポンサードリンク


匠メソッド 定期的に参加してる勉強会
今回は質問形式のイベントが発足

匠methodについて

まずは萩本さんから

エンジニアが身につけるべき技術
DX時代の変化
・ビジネスへの貢献を
・新しい技術を導入せよ
・社外での評価を受けろ
ビジネス価値を高めるために
ソリューションをどうやって売っていくか、使ってもらうか

ヒト・モノ・コトをデザインできる
ビジネスアジャイルを意識している
A4の1枚でかける 6個のモデルでやれる

価値の図・要求の図・業務の図・活動の図
全ては価値から考える

1.ビジネスステークホルダーを創造する
自分と最終顧客は必須

2.ビジネスステークホルダーの価値を具体的なストーリーとして書く
成功したときに発言してほしい言葉を書く
「◯◯となって嬉しい」
プロジェクトの目的を書き詳細化される

シチュエーション、手段、価値
手段とはターゲットとなる
プロジェクトメンバーがプロジェクトで達成すべき課題のこと

3.社会視点で意志を形成し、情熱を持ち続けられる持続的な活動を創る
ストーリーを考える
ステップアップする道のみを考える

4.要求を考えるのではなく要求を創造する
やりたいこと・やるべきことを心に留めたうえで
要求は価値を見える化した要素から創り出す
目的と手段の連鎖

価値と戦略要求はトレーサブル

5.エンジニアとしての説明責任を果たす
Howの手探り 戦略から手段への詳細化
Howからの突き上げ イノベーション的要求

6.インナー・アウターブランディングをつくり人々を巻き込む
自分視点での未来価値:意
他人視点での未来価値:情

知・情・意
論理思考と感性思考を行ったり来たり
(もともとはカントの言葉)

意が引っ張っていくようになる
やるまえに宣言型でやっていこう

7.自分と社会をデザインする力で未来を描く
常に己に立ち返ることができる
ひとりひとりが良い社会を創ることを目指していく

パネルディスカッション

萩本さん・小林さん・佐藤さん・私

(気になった内容のメモ)
ステークホルダーの競合について
未来を見ると競合が減る
課題解決で嬉しさを作っていく必要がある
未来の話を考えるとビジョンは広がる

情は意の視野を広げる・意は情に対して方向性を与える
感じることが大事
ミッションを情熱と感じられればずっとやれる
嬉しい・楽しいで発散させて知のモデルで固めていく
要望→要求→要件 絞っていく

詳細はパネルディスカッションのネタ

感想など

ステークホルダーに悩んでるヒトは多いのかもなあ
意と情の関係はものすごく重要
意はリーダーシップ、情はフォロワーシップかも

未来志向で「〇〇が嬉しい」で進めると
世の中の解毒になると思ってる
これなら普段からやれそうだ

「逃げたりしない」 to be continued

プリザンターのファンの会に参加

関連記事

  1. プリザンターのファンの会に参加

    redmine.tokyoの縁は素晴らしくプリザンターというサービ…

  2. Redmineガチ勢たちが、 #JBUG Aut…

    JBUG バックログのユーザグループ以前から定期的に参加しており…

  3. 要求開発アライアンスでエンタープライズアジャイル…

    要求開発アライアンス以前から興味がありました毎月定例会を…

  4. #BPStudy 162〜アジャイルな組織のつく…

    bpstudy毎月開催しているビープラウドの勉強会今回は…

  5. いろんな幸福を語り合う #エンジニア銭湯

    エンジニア銭湯今回で第4回目運よく毎回参加できて…

  6. 第23回redmine.tokyo チケット駆動…

    redmine.tokyoRedmineとRedmineにおける…

  7. プロジェクト管理強化読本 〜PMOがいる組織とい…

    セミナー受講のまとめです品質管理担当+PMOの方のセッションで…

  8. 現場で役立つシステム設計の原則を組織に適用する仮…

    現場で役立つシステム設計の原則増田亨さんの本変更を楽で安全に…

PAGE TOP