ステークホルダーに目的を伝え理解をうながす

スポンサードリンク

第9回は東京にて

ステークホルダーの関与度合いをより良くしてもらうには

・組織的に働きかける
・プロジェクトの目的を伝え理解してもらう

の2点です

ただ、、、いくら伝えても、伝え続けても理解してもらえない、、、ありますよね(自分もよく遭遇します)

時間も労力も有限ですから

その時は、伝え方を変えたり、伝える人を変えたり、
場合によっては退場願ったりと、、、手を変え、品を変えやってみる

「また似たようなことに遭遇するからその練習!」と考えて対応するのも一つの手

相手のせいにしても仕方ないので


雨の日もあれば晴れの日もある

夏の早朝に霧島神宮

クライマックスシリーズで敗退

関連記事

  1. 理想が高すぎて何も手につかなくなる君へ

    理想や憧れ 大切ですよただ理想や憧れと今とのギャップに悩まされて…

  2. 適材も適所も自ら作る

    適材適所という言葉があります「人の能力・特性などを正しく評価…

  3. ワイシャツとネクタイから着替えて

    昨年まで「クールビズ」でもワイシャツのみだと、ダサいからという理由で…

  4. 肩こりを減らす

    生きていれば、肩がこるとがあります肩こり減少に向けて実践して…

  5. 新橋で人間ドック

    年に一度人間ドックを受けています胃がんの早期発見で九死に一生…

  6. 他人の成功事例は上澄み

    世の中にはいろんないい事例があふれていますあんな風になりたい…

  7. 期待と不安のバランス

    バランスが壊れると大概のものはうまくいきませんが、期待と不安のバラン…

  8. 相談しやすい人になる

    研修11回目は高松話し方もずいぶんこなれて来た感じです…

フォトマルシェ - PhotoMarche

こちらもどうぞ

Twitter

毎日更新しています

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP