嘘のような本当の話 通りがかりの人にお金を貸す・・・

スポンサードリンク

嘘のような出来事にあったことがあります
1998年なので、社会人2年目のころ、西新宿を歩いていると
不意に声をかけられ
「あの、お金かしていただけないでしょうか?」
聞いてみると、財布を無くしたとのことで

いわれるまま、貸しました
確か名刺も渡したとと思う

当時、イライラしていると新宿から西新宿に歩き
丸の内線で帰っていたので、何も考えてなかったと思います

その話を同僚にすると
「それ、お前騙されてたぞ」
「交番に行かせればよかったのに」などなど、好き勝手言われました


そして時は流れ、2002年
1つの書留が・・・

当時お借りしたお金をお返ししますという手紙とともに
消印は松任なので、石川県です

無くしたのは本当で、金沢に帰られたんだな
手紙を受け取った瞬間は貸したことさえ、覚えてなかったけど
電話もありました
「貸していただいて本当に助かったんです」

先日、掃除をしていてその手紙を見つけて
懐かしくなったので、記事にします

妻や母は「君らしいエピソード」と言ってくれます


当時の日記はこちら
1998年4月
2002年9月

江戸川橋駅から早稲田駅へ歩く

自然派料理は渋谷のMORISで

関連記事

  1. 実行ではなく学びととらえる

    失敗したらどうしよう頭をよぎるそんな状況多いかも…

  2. プロダクト品質とプロセス品質

    品質ひとくくりにされそうですがいろいろ特性があります…

  3. まずは、やり切る

    複雑な世の中だからいろいろ振り回されることも多いかもしれない…

  4. 成果が同じであればテンションは異なってていい

    物事がうまくいくそれは成果がでればいい人にとって成果はさ…

  5. コミュニケーションチャネル数の罠

    コミュニケーションチャネルとは関係者に情報を伝えるためのルートの数の…

  6. 観察と評価を分けよう

    人間は感情を持っているので何かにつけて主観的な気持ちを持ってしま…

  7. 全体を把握して体制を立てなおそう

    無茶無理謀反みたいな状況結構発生するどうすればいいのか途…

  8. 常にチャレンジだと続かない

    疲れたなあ そういう時きっとあります周りに煽られて合わせ…

PAGE TOP