「ヤバい勉強脳」を仕事にも応用する

スポンサードリンク

ヤバい勉強脳
作業療法士の菅原洋平さんの著書

妻が菅原さんの本をたくさんもっていて
私も定期的に読んでいます

勉強って意志や努力、頭の良さのような
ある意味ふわっとしたものに
影響されていると考えがちですが、
脳の構造からの
スタイル作りを説いた本

詳細は読んでもらうとして

・生物としての防衛戦略
・自律神経
・腹側迷走神経
信頼、探求、競争、恐怖、保護
・信頼と探求モードで勉強を
・達成から始める 可能なら信頼と探求で
・体の感覚
・乱れたら戻せるような習慣
・集中しすぎは危険
保障と冒険を半々で
・わかったことを確かめて整理する時間
・アウトプット
・寝ることはメンテナンス

というな大事なことが書かれています

何度も読んでみたい本です

仕事の進め方にも応用できる!

学びや仕事で辛い目をあってる人はご一読を
感覚がかわるかも

行田で蓮と古墳と忍城

代々木上原 ふうらい坊でハンバーグを

関連記事

  1. 詰むや、詰まざるや ライオンズとスワローズの激闘…

    1992-1993ライオンズとスワローズの日本シリーズがあり…

  2. カーラ君の漫画を読む

    川原泉さんの漫画をいくつか持っています大学時代の彼女の影響ですが…

  3. 会社の品格からthe team へ

    友人が、麻野さん著の本theteamの交換を募集していました…

  4. 人生を変えるチャンスをつかんだ話 #インフラ勉強…

    インフラ勉強会画期的なオンライン勉強会だった 今は細々と…

  5. カイゼン・ジャーニー 「越境」と「できること」か…

    デブサミ2018で評判になっていたカイゼン・ジャーニーを読む…

  6. 20年前の計画と今を比較する

    東京計画地図という本があります1997年のものですが、、、…

  7. 現場で役立つシステム設計の原則を組織に適用する仮…

    現場で役立つシステム設計の原則増田亨さんの本変更を楽で安全に…

  8. 読み切れてない本たち 2021年8月

    それなりに読書するほうなのですが、夜にリラックスモードで…

PAGE TOP