「ヤバい勉強脳」を仕事にも応用する

スポンサードリンク

ヤバい勉強脳
作業療法士の菅原洋平さんの著書

妻が菅原さんの本をたくさんもっていて
私も定期的に読んでいます

勉強って意志や努力、頭の良さのような
ある意味ふわっとしたものに
影響されていると考えがちですが、
脳の構造からの
スタイル作りを説いた本

詳細は読んでもらうとして

・生物としての防衛戦略
・自律神経
・腹側迷走神経
信頼、探求、競争、恐怖、保護
・信頼と探求モードで勉強を
・達成から始める 可能なら信頼と探求で
・体の感覚
・乱れたら戻せるような習慣
・集中しすぎは危険
保障と冒険を半々で
・わかったことを確かめて整理する時間
・アウトプット
・寝ることはメンテナンス

というな大事なことが書かれています

何度も読んでみたい本です

仕事の進め方にも応用できる!

学びや仕事で辛い目をあってる人はご一読を
感覚がかわるかも

行田で蓮と古墳と忍城

代々木上原 ふうらい坊でハンバーグを

関連記事

  1. WEB技術のしくみを知ろう

    PMOやってると、新しい技術についていけなくなる心配もあ…

  2. みずほ銀行の苦闘の19年を知りこれからを夢想する…

    「みずほ銀行なんて絶対使わない!」と2002年の俺は叫んだそ…

  3. たたかう、にげる、ぼうぎょ でチーム力向上

    沢渡あまねさん著の「ドラクエに学ぶチームマネジメント」を発売日に購入…

  4. 「匠Method」を書籍で学ぶ

    匠塾 Advent Calendar 2021 12/4の記事です…

  5. オリックスはなぜ優勝できたのか 優勝までの苦労を…

    2021年のパリーグは、オリックスバファローズが優勝しました…

  6. 心の傷を癒すということ 阪神・淡路大震災の精神科…

    心の傷を癒すということ神戸の精神科医の安克昌さんの本ドラ…

  7. 三国志をマンガで知る

    三国志を扱ってるマンガはいろいろあります一番有名なのは、横山三国…

  8. 日本が植民地にならなかった理由をひもとく

    「戦国日本と大航海時代」秀吉.家康.政宗の外交戦略を読む…

PAGE TOP