心の傷を癒すということ 阪神・淡路大震災の精神科医

スポンサードリンク

心の傷を癒すということ
神戸の精神科医の安克昌さんの本
ドラマや映画にもなりました

阪神・淡路大震災直後から
約一年間の実際に対応した記録

震災直後は心が高揚して
なんとかしなければいけないと思い動けるが
反動が来る
生活のバランスが狂うと鬱になる
落ち着いてくるとつらさがぶり返す
私だけ大丈夫でいいのかと言う思い
PTSD
弱い人たちにしわ寄せが来る

などなど、きめ細やかに書かれています

1995年の当日は
私にとっては成人式の翌々日の朝
もう上京していたのですが
倒れた高速道路をテレビでの映像を覚えている

あれから25年以上
世の中が複雑になったからなのか
心のついて研究が進化したからなのか
この手の病気や苦しみは止まっていない

癒す前に元を絶たないとと感じているが
なかなか難しい

自分と仲間を癒せるようになっていたい
ヒントは書かれていたと思う

変わらずそこにい続けるなら
俺でもできるかなあ

著者の安さんは2000年に亡くなられています
現状をどう見られているのだろうか?

「1・2・3」 稲垣潤一

階段を歩こう エスカレーターは待とう

関連記事

  1. 3つの不確実性に向き合う

    広木大地さんの「エンジニアリング組織論への招待」自分が気にな…

  2. EYE -26歳、僕は世界へ飛び出した-

    吉村健二さんの世界一周旅の本 2005年出版アジアからアフリ…

  3. 教養としてコンピュータサイエンスを学ぶ

    コンピュータサイエンスピンとこないかも?でも、コンピュータに…

  4. その仕事、全部やめてみよう 興味あるものに取り組…

    「小野和俊さんの話を聞いてきたんですけど、門屋さんは絶対に気に入りま…

  5. 地名に歴史は書かれてる

    システム系の仕事で生業を得てるのですが趣味として地名や人…

  6. いつでも会える シロとみきちゃんの物語

    「いつでも会える」1999年のボローニャ児童賞・特別賞受賞な…

  7. 会社の品格からthe team へ

    友人が、麻野さん著の本theteamの交換を募集していました…

  8. うつヌケで鬱を知る

    鬱病 社会問題になるくらい現代病かもしれませんが知人に何人も…

PAGE TOP