心の傷を癒すということ 阪神・淡路大震災の精神科医

スポンサードリンク

心の傷を癒すということ
神戸の精神科医の安克昌さんの本
ドラマや映画にもなりました

阪神・淡路大震災直後から
約一年間の実際に対応した記録

震災直後は心が高揚して
なんとかしなければいけないと思い動けるが
反動が来る
生活のバランスが狂うと鬱になる
落ち着いてくるとつらさがぶり返す
私だけ大丈夫でいいのかと言う思い
PTSD
弱い人たちにしわ寄せが来る

などなど、きめ細やかに書かれています

1995年の当日は
私にとっては成人式の翌々日の朝
もう上京していたのですが
倒れた高速道路をテレビでの映像を覚えている

あれから25年以上
世の中が複雑になったからなのか
心のついて研究が進化したからなのか
この手の病気や苦しみは止まっていない

癒す前に元を絶たないとと感じているが
なかなか難しい

自分と仲間を癒せるようになっていたい
ヒントは書かれていたと思う

変わらずそこにい続けるなら
俺でもできるかなあ

著者の安さんは2000年に亡くなられています
現状をどう見られているのだろうか?

「1・2・3」 稲垣潤一

階段を歩こう エスカレーターは待とう

関連記事

  1. 「チームが知るべき37のこと」を読んでチームをレ…

    「チームが知るべき37のこと」そばさんこと渡部啓太さんの著書…

  2. できたことノートで「今日もよくできた 明日もよく…

    この記事はおすすめ本 Advent Calendar 2020の12…

  3. アサーションで自分も相手も大切に

    仕事では部門PMOなのでプロジェクトマネジメントやソフトウェア開発手…

  4. 3つの不確実性に向き合う

    広木大地さんの「エンジニアリング組織論への招待」自分が気にな…

  5. 三国志をマンガで知る

    三国志を扱ってるマンガはいろいろあります一番有名なのは、横山三国…

  6. 「ヤバい勉強脳」を仕事にも応用する

    ヤバい勉強脳作業療法士の菅原洋平さんの著書…

  7. 会社の品格からthe team へ

    友人が、麻野さん著の本theteamの交換を募集していました…

  8. 「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」から…

    この記事は DevLOVE Advent Calendar 2020…

こちらもどうぞ

Twitter

最近の記事

毎日更新しています

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP