詰むや、詰まざるや ライオンズとスワローズの激闘

スポンサードリンク

1992-1993
ライオンズとスワローズの
日本シリーズがありました
トータルで7勝7敗
92年は4勝3敗でライオンズ
93年は4勝3敗でスワローズ

その関係者への取材から書かれた本
著者は全ての試合を
現地観戦されていたそうです

ひと続きの日本シリーズ

ライオンズは完成形で少しずつ下り坂
スワローズはこれから成熟への時期

ライオンズの打順は当時の野球ファンなら
全員暗記してるレベル
スワローズも固定しつつあった
固定できるチームはやはり強い

当時は
昼に日本シリーズが開催されてました

広岡、森の流れと
チームを変えてきた野村

詳細は本を読んでもらうとして
個人的なポイントをいくつか

92年

岡林3完投
杉浦サヨナラホームラン
デストラーデ

広沢のスライディング

93年

秋山の不調
デストラーデはいない
岡林ではなく西村
荒木は初戦のみ
高津、鈴木健の台頭

両シリーズ通じて

森と野村
そして、古田と伊東
両軍の石井と潮崎
笘篠兄弟

そして、巣立つ

ライオンズの選手たちは
いろんなチームへ移籍
FA、トレードなどなど

秋山、渡辺智男、内山の大型トレード

FAで工藤、石毛がホークスに行かなければ
どうなっていたのかわからないなあ
特に石毛

辻、渡辺久信、鈴木健のスワローズ入りは
何か因縁を感じる

ライオンズは
いろんな選手がいろんなチームで監督に
ライオンズ、ブルーウェーブ
マリーンズ、そしてホークス

スワローズはここから黄金期
古田の時代へ

野村はそのあと、タイガースとイーグルスへ
森は日本にいないから
それ以降の物語が紡がれなかったのかも

当時を振り返って

ライオンズ黄金期後半

90年のジャイアンツ
91年のカープ
ともに、ライオンズは勝利

当時の子供たちの憧れのチーム

92年まで地元愛媛に住んでいて
93年から東京へ
自分の環境も大きく変わった

93年は優勝が決まった翌日の
神宮球場に行った記憶がある

きっと誰かが

この後から、ホークスの黄金期に向けての
準備が始まった
根本と秋山が最初だと思う
それがここまで育った

そのことを書く人がきっと現れる
それを待ちたいと思う

条件を限定した最強打者

私の考える最強打者は
日本シリーズ初戦
1回に打席にたつデストラーデ

いまでもそれは変わらない

懐かしい思い出が蘇る本です

プロジェクトマネジメントDAY 2020でリーダーシップを考える  #pmday

匠塾 大LT大会2020冬に参加 #takumijyuku

関連記事

  1. 科学的な適職で仕事の幸福度を上げる

    転職経験もなく、転職する気もないのですが今のやってることが天職な…

  2. 菊池涼介 2020年もカープ

    海外に行く可能性があった最高セカンドの菊池涼介ですがカープに…

  3. カープ 3連勝で日本シリーズへ

    昨年はリーグ優勝したものの、CSで辛酸を舐め日本シリーズに行…

  4. みずほ銀行の苦闘の19年を知りこれからを夢想する…

    「みずほ銀行なんて絶対使わない!」と2002年の俺は叫んだそ…

  5. 「伝わる」プレゼンテーションテクニック

    connpassの企画で【書籍の公募献本】『Keynoteで魅せ…

  6. 西川龍馬63

    シーズンが終わったので着てるユニフォーム話でも去年までは新井…

  7. 2021年 今年も交流戦でボロボロ #carp

    プロ野球の交流戦カープの忌み嫌うもの今年もほぼ結果が出ま…

  8. Carp1-BayStars3 貧打で敗戦

    毎年恒例になっている横浜スタジアム観戦今年は7月に先発は…

PAGE TOP