ベイズ推定入門 勉強会に参加

スポンサードリンク

川崎で行われたベイズ推定入門勉強会に参加しました

もともとは物理系で大学で諦め業務系システム開発に携わって20年なのですが、いろいろ知見を得たいと思い勉強会に参加しました


ベイズ推定とベイス更新
集合のイメージ
モデルの選択
ワークして感覚に掴む

品質管理に適用したい
トラブル予防に役立てたい

ベイス統計は仮定が多い
母集団と標本

サンプリングした標本の中で想定されたものから全体を推定する

経験を組み合わせる
事前情報をどのように取り込んだらいいか

データが少ないときにベイス推定は活躍する
尤度関数 もっともらしさ

最尤推定とベイズ推定とは違う
尤度関数と事前分布を組み合わせたものを事後確率分布という

わからない数値があってそれにまつわる手がかりとして別の数値を教えてもらって逆に推定する

ベン図を作って考える

全体を何にして事象が独立かが大切
狼少年の例

確率を変えていく、、、プログラムも見たほうがいい
ここは復習要

赤池情報量基準
パラメータの数は少なめに

自分たちが用意したモデルが真のモデルに合致しているかに注目したもの

事前情報を前提条件として入れる 仮で良い
正則化 過学習を防ぐための手法


当日の資料はこちら


自分の再確認用の記事になっています
尤度はユウドと読みます イヌではない

時間かけていいから、自分のベースになるモデルを経験から見つけよう

手を動かすの大事

どうなれば良しとするか決める

201804 「新たなるチャレンジ」 記事5選

関連記事

  1. Google I/O 2017報告会に参加

    会社で行われたgoogle i/o報告会に参加勤めてる会社で…

  2. 要求開発アライアンスでエンタープライズアジャイル…

    要求開発アライアンス以前から興味がありました毎月定例会を…

  3. 「セキュリティ&テスト設計支援セミナー」に参加

    ベリサーブ殿主催の「セキュリティ&テスト設計支援セミナー」に参加しま…

  4. ビッグデータ基盤から、エンタープライズデータ基盤…

    要求開発アライアンスの2018年10月定例会に参加しました…

  5. 要求開発アライアンスで「クラウド時代のシステムの…

    要求開発アライアンスの2018年9月定例会である「クラウド時代のシス…

  6. GCPUG TOKYO JUNE 2018に参加…

    GCPを学びたいなという思いが以前からあったので、GCPUGに初参加…

  7. 妻の応援でイオンモール川口前川へ

    蕨駅からバスに乗りイオンモール川口前川へ来た理由は妻がコ…

  8. 猫スピーカーがツイートする 【Google Ho…

    うちには一台、猫スピーカーがいます(猫スピーカーの作り方…

こちらもどうぞ

Twitter

毎日更新しています

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP