テスト戦略を語る夕べ第5回に参加

スポンサードリンク

初参加
思いつくままメモです

プロジェクトのテスト戦略から組織のテスト戦略に切り替わって3回目

3回目の復習から

ポジションについて
垂れ流し
警察
大富豪
コーチ
まつお(仮)

やっていることとポジションがずれるとムダが増える

4回目の復習
SoR SoE
BIMODAL IT
ベースレイアリングとも言っていた
変更頻度が長いものはレコード

モード2の取り組みが成功したものをモード1化
組織のテスト戦略のケーススタディを考える

Timmonsの成長モデルと
グレイナーの成長モデル

システムの構造
データの流れ
組織、体制、組織をまたぐなど
テストフィチャー タイプ 機能を洗い出す
システムの要求から複雑さを把握したい
トランザクション量、頻度、タイミング
テストタイプ

金と時間
体制と組織
プロジェクトのゴールを決める

欧米は品質保証戦略ありき

ゴールの種類
ビジネス、組織成熟度、マイクロサービス化
など

開発に専念したいからテスト自動化
スピード化
いじりたくないコードを壊さない足場を作る

ゴールとポジション
現行通りと思えたとしてもポジションはある

その時々でゴールとポジションは変化する

ふわふわした戦略
臨機応変にしようとすると姿勢

会社の近所でちょくちょく開催されてるようなので定期的に参加してみようと思う

医療費控除の計算で健康度合いを知る

20年前の計画と今を比較する

関連記事

  1. レトロゲームで突っ走る #retrogstudy…

    レトロゲームと言われるとなにを想像しますか?スーパーマリオ?…

  2. AccountCode4で、ビジネス活動と勘定科…

    Account Code は、IT を武器に、経営企画、経理、人…

  3. SIerでの今とこれからを考えように参加

    SIerでの、今とこれからを考えように参加しましたSI系…

  4. 第15回redmine.tokyo 導入における…

    第15回redmine.tokyoに参加しました…

  5. クローバField(ホームページの作り方教室)に…

    妻がコーチングに関するビジネス向けホームページを作りたいというので…

  6. 匠塾に初参加 #takumijyuku

    匠塾匠methodを使った方々の集まり以前、匠m…

  7. スマートスピーカーを遊びたおす会 遊びたおすを本…

    前回に引き続き参加ですこの会のテンションが好き!…

  8. Lychee Redmineでトラブル予防/描い…

    2018年に続いてデブサミに参加しました注目セッションは以下の2…

PAGE TOP